Visualize in Real Time

WebGLのような3Dアニメーションやゲームなどに用いられる可視化のための各種技術を用いて mPulseはわかりやすく、インタラクティブでリアルタイムな計測結果のモニタリングを可能としています。

また、mPulseでは多次元の解析も可能ですので、レスポンスをページグループごとに値をみていくことも、ブラウザごと・モバイルの機種ごと・キャリアごと・地域ごとや回線ごとにみていくことも可能です。

Webサイトへのアクセスの全アクセスを集計モニタ

卓越したWebサイトのレスポンス・パフォーマンスを実現するために、Webアプリケーションを 最適にチューニングしていくためには、サンプリングではないWebアプリケーションへの全アクセスを集計してモニタしていくことが必要です。

SOASTAのReal User Monitoring (RUM) エンジンは、大規模分散環境に適合させた分析エンジンで、Webサイトの全アクセスを集計して、リアルタイムにさまざまな分析視点からの集計処理を行いモニタすることを可能とします。

ボトルネックを判断することを容易にする画面の
カスタマイズ

Webアプリケーションのレスポンス・パフォーマンスを左右する要因は、場合によりさまざまです。

mPulseは、ひとつのページのレスポンス時間の内訳として、コネクション接続に必要となっている時間、ページをブラウザが読み込むまでに要している時間、それからページをブラウザがレンダリングする 時間など、さまざまな軸で処理時間の内訳を表示させることが可能です。

単にページのレスポンス時間を計測するだけでなく、どこがボトルネックとなっているか判断することの手助けまですることができるのが、mPulseです。

地域ごとのレスポンスを地図上にマッピング表示

mPulseのGeography widgetは、地図の上に、それぞれの地域からのアクセスの平均レスポンス時間を表示するとともに、色分けによりそれぞれのレスポンス時間レンジが一目でわかるようになっています。地域ごとのレスポンス時間の表示は、国別だけでなく、州・都道府県別に表示させることも可能です。

また、Globbe Dashboardでは、地球の三次元的な表示の上に、各地域ごとの平均レスポンス時間をマッピング表示して見ることができます。

ページトップへ戻る