Measure Everything

Webサイトのレスポンス・パフォーマンスをモニタするサービスとしては、ユーザパネルを用いた一部のサンプリングデータによるものもありますが、mPulseはWebサイトの全ユーザデータを計測することを可能とするサービスです。

Webページにタグを埋め込むだけで、集計用のサーバはASP提供されますので、mPulseのサーバにログインするだけで、さまざまな視点でのWebサイトのレスポンスをリアルタイムにモニタすることができるようになります。

Webページへのタグ埋め込み型、
集計サーバはASP提供

レスポンス計測を可能とする仕組みは、Webサイトのアクセス解析ツールでもよく見られる 「専用タグ」を各Webページに埋め込む方法です。

集計用に行う作業は、mPulse用のタグを各ページに、同じように埋め込んでいくだけです。各ページをユーザがブラウザでアクセスする際に、埋め込まれたJavaScriptタグがmPulseの集計用サーバに必要な情報を自動的に送信しますので、ブラウザ・プロキシサーバその他のキャッシュによるページアクセスも含めて、タグが全ページに埋め込まれてさえいれば、Webサイトの全アクセスが計測されます。

スマートデバイスのnativeアプリへも対応

mPulseは、スマートデバイスのnativeアプリからのアクセスへの対応しています。

navtiveアプリがWebサーバにアクセスする仕組みをもっているものについて、nativeアプリに計測用のmPulse libraryを埋め込んでおくことにより、Webページの際と同様にアプリを操作するごとに、mPulse集計用サーバに必要な情報を自動的に送信することにより、アプリからのレスポンスを計測できるようにします。

ページトップへ戻る